1. トップページ
  2. 年代別のケア方法

年代別のケア方法

思春期ニキビは大人になる成長期にできるニキビであり、ホルモンバランスが大人に変化する証拠のようなものです。
大人ニキビは、20代~高齢者と幅広い年代に出来やすく、主に生活習慣が原因となっています。
年代によってできるニキビが違うように、それぞれ歳に見合った大人ニキビのケアが必要になるでしょう。

20代の場合

思春期ニキビがそのまま大人ニキビへと変化する可能性が高い20代の大人ニキビは、ひたすら保湿をすることです。
学生の頃に思春期ニキビがよく出来ていた人はなおさらケアを入念にしなければなりません。
大人ニキビは跡が残りやすいので、どれだけケアと保湿をするかによって跡が残るのかかかってきます。
また、仕事が忙しく、生活習慣が乱れてしまう可能性もあります。
できるだけ睡眠時間をとり、早寝早起き、食事も自炊を心がけ、規則正しい生活を送りましょう。

30代~40代

これから大人ニキビだけでなく、しわやたるみ、シミといった肌トラブルも出てきやすくなる年代です。
大人ニキビを改善するために必要な成分が失われてくる時期でもあるので、できるだけ栄養をとるようにしていきましょう。
サプリメントを利用して成分を摂取するというように、体の中からも対策をたてていきたいところです。
この年代でしっかりケアをしておかなければ、老化がどんどん進み、様々な肌トラブルに見舞われることになります。

50代~

本格的にお肌の老化が進む年代に入ってきました。
50代で大事なのは、アンチエイジングです。
古い角質を新しい角質へと生まれ変わることができるお肌のターンオーバーを活性化させなければなりません。
いつまで経っても大人ニキビが存在しているお肌のままで過ごすことがないように、お肌の機能を働かせていきましょう。
アンチエイジングは老化を防止してくれるので、アンチエイジング用の化粧品を使うことをお勧めします。